ハワイの野生のイルカについて

ご存じの方もたくさんいると思いますが、ハワイでは、ハワイ諸島の周りに多く生息するスピナードルフィンについてのルールがアメリカの自然保護団体(NOAA)により強化されました。この法律は、自然のイルカへの影響を考え実施されたものです。

規定は以下の通りです。(2021 年10月28日発行)

 

*イルカから50ヤード(約45メートル)の距離を保つ。ボート、カヤック、スタンドアップパドル、人、また、ドローンも含まれます。

 

*イルカが近づいてきたら、追跡せず、その場から離れる。こちらのルールは、沿岸から2マイル(約3.5キロ)の海域にて適用されます。

 

ハワイ諸島の一部のビーチでは、日中クローズされているビーチもあります。

最初の創業者テリー・ピニーが、1989年にイルカに導かれオアフ島ウエストコーストでイルカと人間の交流プロジェクト「ドルフィン&ユー」を開始し、2000年には現在のオーナー、リチャード・ホーランドに導かれ、今年で32年を迎え、イルカは特別な存在で人間に大きな良い影響を与えてくれる存在だということを信じて、野生のイルカと泳ぐツアーを続けてまりましたが、今回の規定強化に伴い、毎日のオペレーションをこの先行うのは難しいと判断し、大変残念ではございますが、2021121日より、ドルフィンスイミングからドルフィンウオッチングへと変更させていただいております。ウオッチングに変更した以外は、ツアー内容は、すべて同じです。相変わらず陽気なスタッフ、そして、ハワイの大自然がお待ちしています!スノーケリングのお時間も設けております。

イルカと泳ぐことは難しくなりましたが、海でイルカの姿を見るだけでも大きな感動を味わうことができます。イルカが泳いでいるのを見るだけでも、十分に癒されます。そして、ラブリーなエネルギーを感じることができると思います。なお、ドルフィン&ユーでは、ルールを守りながら、プライベートチャーターでのドルフィンスイミングを今度後も受け付けてまいります。

 

私たちは、お客様へより良いツアーをご提供するべく引き続き精進してまります。